オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
    • 看護師と患者

      手術痕

      小陰唇の縮小手術をするにあたって、やはり...Readmore
    • 悩ましい

      女性器の悩み

      女性にとって、性器の悩みというのは非常に...Readmore
    • 医師のカウンセリングへ

      尿の飛びかた

      小陰唇は、尿道の周りを覆っています。本来...Readmore
医師への相談

小陰唇の縮小手術の後は、1週間は安静にしておくことをおすすめします。痛みに関しては、早くて3日前後でひきます。
どうしても痛みが長引くようであれば、形成外科にて痛み止めを処方してもらいましょう。
性行為や激しい運動などは1ヶ月は控えるようにしましょう。痛みがなくなったからといって油断して性行為を行って、再び縫合部分が開いてしまうということもあります。
そのようなことがあると再び縫合が必要ですし、パートナーにも気づかれてしまいます。 続きを読む

電卓で計算

小陰唇の縮小手術を受ける際に、どの形成外科で受けるかというのも悩んでしまうポイントです。
形成外科を選ぶにあたって、値段というのは一つの大きな基準になるかと思います。
出来るだけ値段が安いところで満足の行く手術を行ってもらいたいものですが、なかなかそうはいきません。
安かろう悪かろうの場所もあります。しかし、高ければ必ず信用出来るというわけでもありません。 続きを読む

看護師と患者

小陰唇の縮小手術をするにあたって、やはり手術の痕が残らないかという心配点を持っているかたも多くいらっしゃいます。
性器というのは大変デリケートな部分です。セックスの際にパートナーに手術跡を見られてしまうのではないかとナーバスになってしまいがちです。
手術ということで体にメスを入れるため、手術の痕はやはり残ってしまいます。
しかし、体の平面の部分とは違い、縁の部分となっているため、切除と縫合を行ってもそれほど目立つ痕は残りません。
また、粘膜の部分は傷の治りも早く、痕が残りにくいという特徴があります。小陰唇は粘膜のすぐ近くにあるため、比較的手術痕が残りにくくなっています。 続きを読む

頼れる看護師

小陰唇が肥大することによって様々なデメリットが在ることはお分かりいただけたかと思います。
では、実際に形成外科で縮小手術を行うとなっても、様々な不安があるかと思います。
手術後に痕が残ってしまったり、不自然な形になってしまわないかという懸念が在るという方もいるでしょう。
そのような心配をお持ちの方は、形成外科での手術を行うことをおすすめします。

縮小手術を行っている病院などもありますが、病院は切除することだけを目的として、仕上がりの美しさや審美性はそれほど重要視されていません。 続きを読む

医師のカウンセリングへ

小陰唇は、尿道の周りを覆っています。本来は尿道に覆いかぶさるようなことはありませんが、小陰唇が肥大してしまうと、尿道を塞ぐほど大きくなってしまいます。
それによって、排尿の際に小陰唇に当たって尿が飛び散るようになってしまいます。
小陰唇に尿があたって不衛生でもあります。 続きを読む